マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

米国が受け入れた移民の出身地、中国がメキシコ抜き最大に=13年

その他05/06 11:34

米国NBCニュースは5月5日、米国勢調査当局が公表した2013年「米国コミュニティ調査」データを元に、同年に米国が受け入れた移民の出身地について、中国がメキシコ抜き最大となったと報じた。また、インドが中国を急追して2位、メキシコは3位となったという。

米国勢調査当局のデータによると、2013年に米国が受け入れた移民総数は121.1万人で、出身地別の上位3カ国は、中国の14.7万人、インドの12.9万人、メキシコの12.5万人という。なお、前年はメキシコの12.5万人がトップ、中国はそれに次ぐ12.4万人だった。

北米で最も古い歴史を持ち、規模も大きいサンフランシスコのチャイナタウン(資料)—本紙撮影

北米で最も古い歴史を持ち、規模も大きいサンフランシスコのチャイナタウン(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年12月26日発刊 (1月号 vol.067」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース