マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

セントレジスマカオ開幕、同ブランドで世界最大の400室規模=伝統カクテル「ブラッディーマリー」ご当地版も

産業・経済12/18 20:15

12月18日午後、マカオ・コタイ地区の大型カジノIR(統合型リゾート)サンズコタイセントラルで新ホテル、セントレジスマカオの開幕セレモニーが開催された。

セントレジスは110年の歴史を持つホテルブランドで、シェラトン、W、ウェスティン、ル・メリディアンなどのブランドを有する国際ホテルチェーン、米スターウッド・ホテル&リゾートの最高峰に位置付けられる。セントレジスブランドのマカオ進出は今回が初めてで、全世界における展開施設数は36軒となった。

セントレジスマカオは38階建の高層タワー型ホテルで、スイートを含むゲストルームの総数は400室と同ブランドの中で世界最大規模となる。ゲストルームの面積は53〜477平米で、大半の客室からIRが建ち並ぶコタイ地区の中心を貫くメインストリート、コタイ・ストリップを望むことができるとのこと。

セントレジスにまつわる物語といえば、1934年にセントレジスニューヨークの「キングコールバー」のバーテンダーだったフェルナン・プティオ氏が生み出し、レシピを完成させたというウォッカとトマトジュースを使ったカクテル「ブラッディーマリー」が有名だ。セントレジスマカオのバーでは、大航海時代にポルトガルからマカオに伝わったピンクペッパーやシナモンを使ったマカオご当地版が提供されるという。

セントレジスマカオ開幕セレモニー。写真中央がフェルナンド・チュイ(崔世安)マカオ行政長官、その右隣がラスベガスサンズグループのシェルドン・アデルソン会長=12月18日(写真:GCS)

セントレジスマカオ開幕セレモニー。写真中央がフェルナンド・チュイ(崔世安)マカオ行政長官、その右隣がラスベガスサンズグループのシェルドン・アデルソン会長=12月18日(写真:GCS)


セントレジスマカオ館内イメージ(写真:St. Regis Macao)

セントレジスマカオ館内イメージ(写真:St. Regis Macao)


セントレジスマカオのゲストルーム(コタイデラックスキングルーム)イメージ(写真:St. Regis Macao)

セントレジスマカオのゲストルーム(コタイデラックスキングルーム)イメージ(写真:St. Regis Macao)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2017年11月25日発刊 (12月号 vol.054」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース