マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの経済自由度世界32位、地域8位=前年から上昇

産業・経済02/15 19:07

マカオ政府金融管理局は2月15日、米国の保守系シンクタンク、ヘリテージ財団が発表した2017年度「世界経済自由度指数」の結果についてコメントを発表。マカオは総体経済自由度で平均を上回る70.7ポイント(前年から0.6ポイント上昇)を得て9年連続で「比較的自由」な経済体と評価されたとしている。

マカオの世界180の経済体における順位は前年の34位から2つ上昇の32位、アジア太平洋地域の43の経済体の中では1つ上昇(日本を抜く)の8位となった。なお、香港が世界で首位。アジア太平洋地域でマカオより上位に位置するのは上位から香港、シンガポール、ニュージーランド、オーストラリア、台湾、韓国、マレーシアの順。

評価の基準となる12項目の経済自由度指標について、マカオは財政健全性、政府支出水準、貿易自由度、投資自由度、税務負担、貨幣自由度、金融自由度で高位置につけた。

調査レポートの中で、マカオはフリーポートとして長期にわたって世界貿易と投資の恩恵を受け、円滑かつ効果的なビジネス環境、私有財産権の尊重、低い税率、高い効率といったメリットのある地域とされた。また、2002年のカジノ経営ライセンスの対外開放後、域外から相当の投資を引き入れたことも紹介された。

マカオの町並み(資料)=マカオ半島・内港上空から空撮、2015年4月(写真:GCS)

マカオの町並み(資料)=マカオ半島・内港上空から空撮、2015年4月(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2017年 2月24日発刊 (3月号 vol.045」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース