マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、公営映画資料館「戀愛・電影館」正式オープン

観光03/31 15:13

3月30日午後、マカオの旧市街地、世界遺産・聖ポール天主堂跡近くにマカオ政府文化局(ICM)管轄下の映画資料館「戀愛・電影館(シネマテーク・パッション)」が正式オープンした。

同館は戀愛巷13番地にある南欧風建築をリノベーションしたもので、昨年(2016年)9月14日にテストオープンしていた。3フロアから成り、地階は主に人文・芸術分野の作品を上映するシアター、コントロールルーム、チケットブース、1階はマカオ映画関連資料、雑誌、書籍を集めた資料館で市民にも開放、2階は事務所スペースとなる。

ICMによれば、シアターでは世界各地から集めたマカオ初上映作を中心に毎月2〜3作品ラインナップする予定とのこと。

「戀愛・電影館(シネマテーク・パッション)」のシアター(写真:ICM)

「戀愛・電影館(シネマテーク・パッション)」のシアター(写真:ICM)

チケットブースの営業時間は午前10時から午後11時30分まで、映画資料室のオープン時間は午前10時から午後8時までで、いずれも毎週月曜日がお休み(月曜日が祝日と重なる場合はオープン)。

戀愛巷は美しい南欧の風情が残る路地で、ストリート名が「恋愛」であることから、カップルやウェディング写真撮影スポットとして高い人気を誇る場所でもある。

※文中の「戀」は「恋」の旧字体

「戀愛・電影館(シネマテーク・パッション)」外観(写真:ICM)

「戀愛・電影館(シネマテーク・パッション)」外観(写真:ICM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2017年 8月28日発刊 (9月号 vol.051」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース