マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオカジノIR運営大手サンズチャイナが17年中期業績発表…増収増益

産業・経済08/12 13:27

主に米国、マカオ、シンガポールでカジノIR(統合型リゾート)を運営する米ラスベガスサンズグループ(LVS)子会社のサンズチャイナは8月11日、2017年中期(2017年1〜6月期)の監査前業績を発表した。

サンズチャイナはマカオ半島でサンズマカオ、コタイ地区でプラザマカオ、サンズコタイセントラル、パリジャンマカオの各IR施設の運営などを手がける。

同社の今年上半期の売上高は前年同期比19.5%増の37.00億米ドル(日本円換算:約4040億円)、調整後EBITDAは22.0%増の12.30億米ドル(約1343億円)、純利益は23.0%増の6.78億米ドル(約740億円)。

部門別の売上は、カジノ部門が19.4%増の31.11億米ドル(約3397億円)、ショッピングセンター部門が22.3%増の2.36億米ドル(約258億円)、ホテル客室部門が18.3%増の1.42億米ドル(約155億円)、料飲部門が20.8%増の0.87億米ドル(約95億円)、コンベンション・フェリー・リテール・その他部門が18.4%増の1.22億米ドル(約133億円)。

同社のマカオにおけるIR開発計画は昨年(2016年)9月のパリジャンマカオの開業で一旦の区切りがついたが、中間業績発表資料の中で、今後も各プロパティの品質を高め、競争力を維持するための再投資を継続する考えを示した。具体的には、ヴェネチアンマカオ(2007年開業)について、2016年末から約3000室、廊下、エレベーターホールを対象としたレノベーションに着手し、2018年旧正月シーズン前に完成予定。また、ザ・プラザ(2008年開業)についても、今年末から2018年2月にかけてカジノVIPルームのリノベーションを実施予定で、昨年12月に着手した併設するフォーシーズンズホテルマカオの客室リノベーションは今年8月に完成済み。さらに、昨年開業したばかりのパリジャンマカオに着いても、市場需要に対応するためスタンダードルームをスイートルームに改装する工事を今年9月から1年間かけて実施するという。

サンズコタイセントラルからヴェネチアンマカオ(右)、プラザマカオ(左)を望む(資料)=2016年5月、マカオ・コタイ地区ー本紙撮影

サンズコタイセントラルからヴェネチアンマカオ(右)、プラザマカオ(左)を望む(資料)=2016年5月、マカオ・コタイ地区ー本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2017年 9月27日発刊 (10月号 vol.052」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース