マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ警察、1ヶ月に及ぶ一斉取り締まりで497人送検

社会・政治09/07 15:20

広東省公安庁、香港警務処、マカオ警察総局が連携し、越境組織犯罪の抑止と摘発、区域内の治安維持などを目指す「落雷17」作戦について、今年(2017年)3月5日から6月10日の第1弾に続き、8月1日から31日にかけて第2弾が実施された。

マカオ警察総局は9月6日、落雷17作戦第2弾のマカオ分の成果を発表。期間中、延べ(以下同)3582人の警察官を動員して、カジノ、ゲームセンター、ネットカフェ、ビリヤード場、カラオケ店、ディスコといったレジャー・娯楽関連施設へ延べ176回の立ち入り検査を行なったほか、違法売春が行われていると疑われたり、青少年が集まる場所への巡回を実施したとのこと。

1ヶ月間の調査対象者数は8256人で、このうち1299人の身柄を拘束して詳しい調査を行い、396件、497人を送検した。薬物関連が14件、21人、高利貸しが65件、117人。高利貸しのうちおよそ半数が監禁を伴うもの事案だったという。

マカオ警察総局では、マカオにおける治安環境は安定を維持しているとしたものの、今後も広東省、香港、マカオの警務協力及び情報交流を強化し、越境犯罪の撲滅と区域間の安全と安定の維持に努めるとした。

「落雷17」作戦第2弾、カジノフロアで身分証の確認を行う警察官ら(写真:マカオ警察総局)

「落雷17」作戦第2弾、カジノフロアで身分証の確認を行う警察官ら(写真:マカオ警察総局)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2017年 8月28日発刊 (9月号 vol.051」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース