マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、ギャンブル産業の経済貢献総額対前年0.5%増の約2.1兆円…16年=2年ぶりプラスに転じる

カジノ09/09 11:51

マカオ政府統計調査局は9月8日、昨年(2016年)のギャンブル業調査結果を公表。前年と比較して経営状況が改善し、産業総付加価値もプラスとなった。

カジノ、競馬、ドッグレースといったギャンブル事業を手掛ける10社の年間総売上は前年から1.8%減の2290.0億パタカ(日本円換算:約3兆0688億円)。このうち、前年は34.3%の大幅減だったギャンブル事業による売上は持ち直し、1.8%減の2273.8億パタカ(約3兆0471億円)に。ギャンブル以外の部門については、料飲が7.6%減の5.1億パタカ(約68億円)、外貨両替が8.6%増の0.8億パタカ(約11億円)、利息が40.7%減の1.6億パタカ(約21億円)だった。

総支出は4.8%減の969.3億パタカ(約1兆2989億円)。このうち、購買、コミッション及び顧客リベートの支出は13.2%減の494.8億パタカ(約6631億円)。一方、営業費用は12.7%増の239.4億パタカ(約3208億円)に上った。顧客に対するホテル宿泊や飲食といった商品及びサービスの提供費が10.2%増の108.2億パタカ(約1450億円)、マーケティングプロモーション及び宣伝費が9.3%増の42.8億パタカ(約574億円)と大きく増えたことが主要因。減価償却、利息支払いといった営業外費用は1.3%減の36.5億パタカ(約489億円)。従業員数は0.8%減の5万5794人、従業員支出は0.4%減の198.6億パタカ(約2661億円)。

経済貢献総額と利益は2年ぶりにプラスに転じた。経済貢献総額は0.5%増の1554.4億パタカ(約2兆0830億円)、利益は0.6%増の1355.8億パタカ(約1兆8169億円)。利益率は1.4ポイント上昇の59.3%。また、大型カジノIR(統合型リゾート)施設のオープンが相次いだことを受け、建物、電子ゲーミング設備が顕著に増加したことから、固定資本構成総額は170.1%増の74.3億パタカ(約996億円)となった。

マカオの月次カジノ売上は2014年6月から2016年7月まで26ヶ月連続で前年割れだったが、同年8月から今年8月まで13ヶ月連続で対前年プラスを維持。また、今年に入って以降、1月と6月を除き、200億パタカ(約2680億円)の大台を突破している。

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2017年 8月28日発刊 (9月号 vol.051」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース