マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの見本市市場が直近5年間でアジア最大の成長=出展面積約3倍に

産業・経済09/12 09:17

マカオ政府貿易投資促進局(IPIM)は9月11日、このほど国際見本市連盟(UFI)が発表した「2016年版アジア見本市レポート」において、マカオが直近5年間で最も優れたパフォーマンスを発揮した見本市市場であるとの評価を得たと発表した。

レポートによれば、出展面積が2012年の7万2500平米から、2016年には21万5250平米へと約3倍に拡大。成長率はアジア最大だった。また、近年は外的経済要因によりマカオの経済成長の停滞が続いたが、2016年の出展面積は対前年で2.9%の拡大となるなど、一定の成長を維持したほか、各見本市の平均売上は210万米ドル(日本円換算:約2.3億円)近くに達した。

今後についても、マカオ政府による見本市誘致及び関連業界のサポート、交通インフラ整備が進むことで、さらなる市場の発展が続くとし、向こう2〜3年については平均約5%成長になるとの見通しを示した。

なお、レポートが統計の対象としたのは2016年にマカオで開催されたUFI認証獲得済みの26のB to B見本市。

IPIMが主催するUFI認証獲得済みの大型B to B見本市「MIF(マカオ国際貿易投資展覧会)」(写真:IPIM)

IPIMが主催するUFI認証獲得済みの大型B to B見本市「MIF(マカオ国際貿易投資展覧会)」(写真:IPIM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2017年 8月28日発刊 (9月号 vol.051」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース