マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

SJM、効率化戦略へ舵取り

産業・経済03/28 12:22

マカオゲーミング企業大手の澳門博彩控股有限公司(SJM)は27日、グランドリスボア(新葡京)で株主総会を開催。同社の蘇樹輝CEOによると、現在複数の施設に分散してゲーミングテーブルを旗艦施設であるグランドリスボアに集中させ、効率化を図る考えを明らかにした。

28日付地元有力紙「澳門日報」が伝えた。SJMが発表した2012年の業績は売上高4.5%増、収益20%増、純利益67.45億香港ドルとなり、市場占有率も26.7%と引き続き高水準を維持している。

マカオのゲーミング市場で競争が激化している中、各ゲーミング企業も戦略の調整を迫られている。SJMの蘇樹輝CEOは株主総会の席上、今年は経済も全般的に順調で、マカオのゲーミング市場は理想的な成長を見込めるとしながらも、SJM傘下のゲーミング施設のうち、より収益性の高いカジノの強化による効率化を図る考えを示した。具体的にはオセアナス(海立方)にある30台のゲーミングテーブルを旗艦施設グランドリスボアへ移す予定。SJMはマカオ半島を主な営業拠点としており、土地の制約上これ以上の拡大が難しいことから、効率化に重点を置く。

なお、老朽化のため改修工事をスタートした回力球場については、将来的に隣接するオセアナスと空中通路で連結した上、一体的な運用を行う予定という。

SJMではコタイ地区におけるプロジェクトにも関心を示している。

SJMグループの旗艦施設グランドリスボアとホテルリスボア(資料写真)=マカオ—本紙撮影

SJMグループの旗艦施設グランドリスボアとホテルリスボア(資料写真)=マカオ—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年11月26日発刊 (12月号 vol.066」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース