マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

SJM、過去最高益更新—第1四半期業績

産業・経済05/10 17:49

SJMホールディングスは6日、2013年第1四半期の業績を発表。利益が前年比11.8%増で過去最高となる19.15億香港ドル、グループ調整後EBITDAが同11.2%増の21.29億香港ドル、ゲーミング売上が同10.4%増の217.34億香港ドルとなり、主要指標のトリプル増を達成。一方、ゲーミング市場におけるシェアは26.2%と同1.2ポイントのマイナスに転じた。

先週、サンズチャイナ社とMGMチャイナ社の第1四半期業績が発表されたが、それぞれ39.3%と6%の増となり、ゲーミング各社の好業績が相次いでいる。

SJMでは旗艦施設のグランドリスボアが好調で、ゲーミング売上は24%増の83.27億香港ドル。グループ全体のVIPカジノからの売上も13.4%増となる151.37億香港ドルに達した。マスゲーミングからの売上については4.7%増の62.20億香港ドル。

SJMグループ傘下の回力カジノはリノベーションのため2月末で営業を停止している。グランドリスボアについては第1四半期のホテル稼働率が93.9%で、平均客室単価は2,236香港ドルとなり、それぞれ前年同期から1.3ポイント、4.2%増。

SJMグループの旗艦施設グランドリスボアとホテルリスボア(資料写真)=マカオ—本紙撮影

SJMグループの旗艦施設グランドリスボアとホテルリスボア(資料写真)=マカオ—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年11月26日発刊 (12月号 vol.066」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース