マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオに贈呈のパンダ決定、オス「ヤーリン」とメス「スーロン」=返還15周年記念のプレゼント

観光2015/03/31 18:06

マカオ政府行政法務庁長官事務所は3月31日、中国中央政府から返還15周年を記念してマカオへ寄贈されるジャイアントパンダの個体選定作業が前日までに完了し、オスの「ヤーリン(婭林)」とメスの「スーロン(蜀蓉)」のつがいに決定したことを明らかにした。

ヤーリンは7歳、スーロンは8歳で、四川省にあるパンダ保護研究センターにいる55頭の候補の中から専門家らによる性格面や遺伝学的見地による判断により選定された。2頭は今年(2015)6月をメドにマカオへ到着する予定とのこと。

また、返還10周年の際にマカオへ寄贈された個体で、現在、マカオジャイアントパンダパビリオンで飼育、展示されているオスの「カイカイ(開開)」については、ヤーリンとスーロンの到着後、全国ジャイアントパンダ繁殖計画に参加するため中国本土に里帰りし、そのままマカオ戻らない見通し。

返還15周年を記念してマカオへ贈呈されるジャイアントパンダの個体が決定。左がメスの「スーロン」、右がオスの「ヤーリン」(写真:GSAJ)

返還15周年を記念してマカオへ贈呈されるジャイアントパンダの個体が決定。左がメスの「スーロン」、右がオスの「ヤーリン」(写真:GSAJ)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年3月26日発刊 (4月号 vol.082」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース