香港警察、配車サービスアプリ「Uber」摘発に着手

(2015/08/12 16:31 配信)

珠江デルタ

香港警察当局は8月11日、配車サービスアプリ「Uber(ウーバー)」に対する一斉摘発に乗り出した。

香港メディアの報道を総合すると、香港警察はおとり捜査手法を使ったという。同日午前、捜査員がそれぞれスマートフォンのUberアプリを使って5台のサービスを予約の上、香港各地から乗車し、一ヵ所に向かって走らせたとのこと。目的地に到着後、クレジットカードで支払いを終えた際に運転手に対して身元を明かし、道路交通条例違反で逮捕したという。逮捕された運転手はいずれも男性で、年齢は28〜65歳。運賃は70〜170香港ドル(日本円換算:約1123〜2727円)だったという。

香港警察は今回の摘発の理由として、自家用車を不正に旅客輸送用途に転用して報酬を得る行為は違法にあたるとした上、第三者保険が自動喪失することから、乗客及びその他の道路使用者に対して非常に危険であることを挙げている。

また、午後には午前中に逮捕された運転手らの違法行為及び第三者保険喪失をほう助した疑いで、Uber香港事務所に対する家宅捜索を行い、21〜29歳の男性スタッフ3人を拘束するとともに、パソコンなどの関連資料を押収した。Uber香港はアプリを使った客と運転手の間の取引において20%のコミッションを徴収しているという。

香港警察では、第三者保険喪失により万が一の事故の際に補償の対象にならないとし、ライセンスのない旅客輸送サービスを利用しないよう呼びかけている。

香港の町並み(資料)—本紙撮影

香港の町並み(資料)—本紙撮影

珠江デルタ

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載