マカオのカジノで米ドルと香港ドルの偽札使用事件相次ぐ=中国系カナダ人の男逮捕

(2017/03/15 12:33 配信)

社会・政治

マカオ司法警察局は3月14日、近日、マカオのカジノで偽札使用事件が相次ぎ発生し、米ドル及び香港ドルの偽札180枚近くが見つかったことを受け、捜査を進めていることを明らかにした。また、同日までに中国系カナダ人の男を逮捕したという。

警察発表によれば、逮捕された中国系カナダ人の男はカジノ施設でチップに両替する際に55枚の100米ドル紙幣を使ったが、スタッフがこのうち44枚について偽札の疑いがあるとして警察に通報したもの。現場に駆けつけた警察官が男の所持品検査を行ったところ、着衣及び荷物の中から132枚の同種の偽札が見つかったとのこと。いずれも最新版の100米ドル紙幣を模倣したもので、番号は同一、紙質も粗悪だった上、漢字で「練功券」という文字が印刷されていたとのこと。

このほか、別の2つのカジノ施設で中国本土出身の女がチップと両替する際に1000香港ドルの偽札2枚、中国本土出身の男がスロットマシンで1枚の500香港ドルの偽札1枚を使用した事件があったという。

マカオのカジノ施設でテーブルゲームに参加する際、現金ではなくゲーミングチップを使用する。ゲーミングチップは少し分厚いコインのような形をしており、額面によって色やデザインが異なるが、いずれも小さく軽い。現金からゲーミングチップへはカジノフロアにあるキャッシャーと呼ばれる窓口やゲーミングテーブルで、チップから現金はキャッシャーでそれぞれ簡単に両替することができ、双方向とも手数料はかからない。

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影

社会・政治

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載