マカオ、1歳の娘をホテル客室に放置して約12時間カジノ遊びに興じた母親逮捕

(2018/10/27 09:41 配信)

社会・政治

マカオ司法警察局は10月24日、マカオ半島新口岸地区のカジノホテルの客室内に1歳の娘を放置して長時間にわたり外出したとして、中国本土から香港への移民手続き中の母親(40)を未成年者虐待などの疑いで逮捕、送検したことを明らかにした。

警察発表によれば、10月22日午後8時頃、ホテルスタッフが客室の中から大きな泣き声がするのを聞きつけ、ドアをノックしたが反応がなかったため、何かあっては心配だとしてマスターキーを使い客室に入ったところ、ベッドの上に泣いている女児を発見。部屋の中には女児しかいなかった。スタッフが客室内で女児をあやしながら3時間ほど待機していたが、誰も部屋に戻ってこないことから、警察に通報するに至ったという。

通報を受けた警察が現場に駆けつけ、女児を病院へ搬送するとともい、ソーシャルワーカーを手配。幸い、女児の健康状態や身体に問題はなかったという。診断を受けた後、女児は政府社会工作局のシェルターに収容された。

警察は女児の母親が翌23日午前3時45分になってホテル客室に戻った際に逮捕した。母親は警察の調べに対し、22日午後1時にチェックインし、娘にミルクを飲ませ、寝かしつけた後、午後3時15分にカジノへ出かけたとし、紛失した携帯電話を探していたため、部屋に戻るのが遅くなったなどと供述したとのこと。

マカオ司法警察局(資料)—本紙撮影

マカオ司法警察局(資料)—本紙撮影

社会・政治

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載