マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオLRTタイパ線、開業4ヶ月目の1日あたり乗客数1400人にとどまる…新型コロナによるインバウンド旅客減で低迷続く (1/1)

 マカオ初となる本格的な軌道系大量輸送機関(鉄道)として、マカオLRT(Light Rapid Transit)が昨年(2019年)12月10日に営業運転を開始。すでに開業5ヶ月目を迎えているが、利用者数が低迷している。 (さらに…)

マカオ、19年12月〜20年2月期の総体住宅価格指数264.7…前回調査から0.2%下落 (1/1)

 マカオ政府統計調査局は4月8日、昨年(2019年)12月〜今年(2020年)2月期の住宅価格指数を公表。総体住宅価格指数は264.7で、前回調査(昨年11月〜今年1月期)から0.2%の下落だった。エリア別ではマカオ半島が0.1%下落の266.2、タイパ島・コロアン島が0.7%下落の258.6。 (さらに…)

マカオの新型コロナ感染確認者が累計45人に…3月後半以降中国以外からの輸入症例続く (1/1)

 マカオ政府新型コロナウイルス感染症対策センターは4月8日午前(現地時間、以下同)、新たに1人(第45例)の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染者を確認したと発表。 (さらに…)

マカオのカジノ運営6社キャッシュフロー潤沢…売上ゼロでも1〜6年程度持続可能=大手金融機関見込み (1/1)

 マカオ政府は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)防疫対策のため、1月下旬から水際対策を次々と強化して臨んでいる。これに伴い、インバウンド旅客数は激減。マカオ経済の屋台骨となるカジノ業界についても、大きなマイナス影響が及んでいる。 (さらに…)

マカオ、2〜3月のEMSの取扱件数が7割増…マスクの送受が主、新型コロナの影響 (1/1)

 このほどマカオ郵政が公表したEMS(国際スピード郵便)統計資料によれば、今年(2020年)2〜3月の累計取扱件数が3万9537件に上り、前年同時期から68%の大幅増となった。 (さらに…)

港珠澳大橋シャトルバスが運休…香港〜マカオ間の公共交通機関利用した往来が困難に (1/1)

 港珠澳大橋の香港側とマカオ側のイミグレーション間を結ぶ港珠澳大橋シャトルバス(通称:金巴=ゴールドバス)運行会社は4月4日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)防疫対策を理由に同月6日から運休すると発表した。 (さらに…)

中国で新型コロナウイルス感染症による死者への追悼活動、マカオでも (1/1)

 きょう(4月4日)、中国で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による死者を追悼する全国的な活動が行われている。 (さらに…)

マカオの建設現場で大量の弾薬見つかる…AK-47自動小銃用など3種186個 (1/1)

 マカオ司法警察局は4月3日、タイパ島にある建設現場で大量の弾薬が見つかったと発表。 (さらに…)

港珠澳大橋マカオ側イミグレーションの通関時間変更…香港との往来は午前10時〜午後8時に短縮=4月5日から実施 (1/1)

 澳門海關(マカオ税関)は4月4日未明、マカオと香港、珠海(広東省)との間の玄関口となる港珠澳大橋マカオ側イミグレーションの通関時間を(2020年)4月5日から変更すると発表。 (さらに…)

マカオのインターネット普及率86.5%…前年から2.7ポイント上昇=2019年 (1/1)

 マカオ政府統計調査局は4月3日、昨年(2019年)のマカオの家庭における情報技術(IT)使用状況調査結果を発表した。 (さらに…)

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年3月26日発刊 (4月号 vol.082」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース