マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ行政長官がインフルエンザ罹患で5日間休養

マカオ特別行政区政府広報官事務所は1月18日、フェルナンド・チュイ(崔世安)行政長官が同月16日から休養している理由について、インフルエンザ罹患のためと発表した。

続きを読む

マカオの2017年住宅不動産市場 取引件数・平均平米単価とも対前年プラスに

マカオ政府財政局が1月15日付で公表した最新統計によると、昨年(2017年)12月の住宅売買・移転にかかる不動産印紙税の対象となった取引件数は前月から45.6%、前年同月から51.0%のそれぞれ大幅減となる593件にとどまった。

続きを読む

マカオカジノ管理当局が緊急会議招集…ディーラーによる巨額チップ盗難事件受け

マカオ・新口岸地区にあるカジノ施設で1月16日午前、ディーラー職スタッフによる4789万パタカ(日本円換算:約6.8億円)相当のゲーミングチップ盗難事件が発生した。

続きを読む

マカオのカジノディーラーが勤務先から約6.8億円分のチップ盗む

マカオ司法警察局は1月17日の定例記者会見で、前日(16日)午前7時頃、マカオ半島新口岸地区にあるカジノ施設に勤務するディーラー職の男が同施設から4789万香港ドル(日本円換算:約6.8億円)相当のゲーミングチップを盗んで逃走する事件が発生したことを明らかにした。

続きを読む

乗客の忘れ物のスマホを着服…マカオのタクシー運転手逮捕

マカオ治安警察局は1月15日、乗客の忘れ物のスマートフォンを着服したとして、50代のタクシー運転手の男を逮捕したと発表した。

続きを読む

2017年通期の訪マカオ外客数過去最多の約3260万人…対前年5.4%増=複数指標で記録更新

マカオは人口約65万人、面積約30平方キロという小さな街だが、世界遺産やカジノを核とした大型IR(統合型リゾート)に加え、マカオグランプリなどの国際イベントが数多く開催されるアジア有数の観光都市として知られる。

続きを読む

マカオ国際空港が18年旅客数目標発表、開港以来最多の前年から3%増の738万人…インタウンチェックインの導入計画も

マカオの主要な空の玄関口、マカオ国際空港の昨年(2017年)の年間旅客数が対前年8%増、開港以来最多となる716万人(延べ、以下同)を記録。このうち、LCC(格安航空会社)を利用した旅客数が32%増だった。

続きを読む

マカオの2017年通期の観光物価指数対前年0.77%上昇…3年ぶりプラス

マカオ政府統計調査局は1月15日、昨年(2017年)通期の観光物価指数が対前年0.77%上昇の131.87となり、3年ぶりにプラスに転じたと発表した。

続きを読む

マカオ 17年12月末の外貨準備高約2.23兆円=前月から3.1%増

マカオ政府金融管理局は1月15日、昨年(2017年)12月末のマカオ特別行政区の外貨準備高(外匯儲備資産総額)の初歩統計が1623億パタカ(201.7億米ドル、日本円換算:約2兆2309億円)だったと発表した。

続きを読む

マカオ、バス停周辺の禁煙ゾーン示す路上サインの色を目立つ色に変更へ

マカオでは、今年(2018年)1月1日から改正新禁煙法(喫煙予防及びコントロール法)が施行となった。

続きを読む

data-ad-region="macaushimbun"

の注目ニュース

マカオ行政長官がインフルエンザ罹患で5日間休養
マカオの2017年住宅不動産市場 取引件数・平均平米単価とも対前年プラスに
マカオカジノ管理当局が緊急会議招集…ディーラーによる巨額チップ盗難事件受け
マカオのカジノディーラーが勤務先から約6.8億円分のチップ盗む
乗客の忘れ物のスマホを着服…マカオのタクシー運転手逮捕
2017年通期の訪マカオ外客数過去最多の約3260万人…対前年5.4%増=複数指標で記録更新
マカオ国際空港が18年旅客数目標発表、開港以来最多の前年から3%増の738万人…インタウンチェックインの導入計画も
マカオの2017年通期の観光物価指数対前年0.77%上昇…3年ぶりプラス
マカオ 17年12月末の外貨準備高約2.23兆円=前月から3.1%増
マカオ、バス停周辺の禁煙ゾーン示す路上サインの色を目立つ色に変更へ

>> もっと見る

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2017年12月23日発刊 (1月号 vol.055」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース