マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオライトフェスティバル

12月4日~2022年1月2日

マカオの冬の風物詩として定着した政府旅遊局(MGTO)主催のイルミネーションイベント「マカオライトフェスティバル(澳門光影節)」。

「マカオライトフェスティバル2021」のテーマは「火星からの旅行者」。12月4日から(2022年)1月2日まで、市内7ヶ所の会場で毎日午後7時から10時まで開催予定。

各会場にて、光のインスタレーション作品の展示、インタラクティブ遊具の設置、3Dプロジェクションマッピングの上演が行われる。会場により内容が異なるため、事前に下記公式サイトで確認しておきたい。

なお、タイパ島の観光名所として知られるタイパヴィレッジ「官也街」の入口にあたる消防局前地で上演される3Dプロジェクションマッピングショー「GLID」は、東京をベースにしたオーディオビジュアルユニット「FLIGHTGRAF」が手がけた作品とのこと。

イベントの詳細はマカオ政府旅遊局(MGTO)の公式HPで確認することができる。

「マカオライトフェスティバル2021」イベント告知ポスター(図版:MGTO)

イベントの注目ニュース

「デス・アンド・リバース」楊文彬写真展
10月6〜31日
<中止>オクトーバーフェストマカオ at MGM
10月21〜31日
ベンソン・ラム「ダイバーシティ・オブ・マカオ・フェスティバル – 3Dペーパーアートクリエイション」
10月1日まで
第31回マカオアートフェスティバル
4月30日〜5月29日
Trapped x Escape – An Eternal Theme
7月2日まで
マカオ博物館「MEMORY of THE PAST 館蔵ポストカード展」
2021年5月30日まで
マカオ管弦楽団『スターライトウィーン-ニューイヤーコンサート」
12月31日
第5回マカオ国際映画祭・アワード(IFFAM)
12月3〜8日
世界ツーリズム経済フォーラム・マカオ2020
12月8〜10日
マカオ管弦楽団『巨匠第一』
11月21日

>> もっと見る

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年11月24日発刊 (12月号 vol.102」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース