マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

春節(旧正月)ホリデー

2月12日〜14日(15、16日振休)

「春節」とは日本で一般的に旧正月と呼ばれる旧暦(マカオでは「農暦」という表記を使う)の元旦を指す。2021年(干支は「辛丑(かのと・うし)」)の元旦は2月12日で、正月三が日にあたる12日~14日の農暦正月初一、二、三日が公衆休日(パブリックホリデー)、15、16日は振替休日となる。また、大晦日にあたる11日は午後半休というところが多い。

マカオでは春節を盛大に祝う習慣が強い。クリスマスと西暦の新年が過ぎると、早々に春節に向けた準備がスタート。赤や黄色の派手な装飾で街が彩られる。旧暦の大晦日に生花や縁起ものを買い、元旦は未明から寺院へ初詣に出かけるといったところは日本と共通。春節の朝には聖ポール天主堂跡前の広場や媽閣廟でドラゴンダンスのパフォーマンスが行われるなど、街はお祭りムード一色に。日本で「おあけましておめでとう」にあたる正月の挨拶は「恭喜發財(コンヘイファッチョイ)」という。マカオにも「お年玉」にあたる「利是(ライシー)」という習慣があり、家族内だけではなく企業、取引先などでもやり取りされる。

春節は地元マカオ人にとって非常に大切なイベント。日本と大きく違う習慣のため、マカオへ出張や赴任する際、現地スタッフや取引先とのコミュニケーションを円滑にするため、事前に情報収集しておくことがベター。

春節の恒例行事、媽閣廟前のドラゴンダンス(写真:MGTO)

春節の恒例行事、媽閣廟前のドラゴンダンス(写真:MGTO)

イベントの注目ニュース

第31回マカオアートフェスティバル
4月30日〜5月29日
Trapped x Escape – An Eternal Theme
7月2日まで
マカオ博物館「MEMORY of THE PAST 館蔵ポストカード展」
2021年5月30日まで
マカオ管弦楽団『スターライトウィーン-ニューイヤーコンサート」
12月31日
第5回マカオ国際映画祭・アワード(IFFAM)
12月3〜8日
世界ツーリズム経済フォーラム・マカオ2020
12月8〜10日
マカオ管弦楽団『巨匠第一』
11月21日
リカルド・リマSF作品展『MO2049』
2021年1月8日まで
ワンダリング・アクロス・ザ・ランドスケープ-マカオ芸術博物館コレクション展
2021年8月29日まで
「マカオ水域の海賊(1854〜1935)」展
8月19日〜2021年1月31日

>> もっと見る

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年4月24日発刊 (5月号 vol.095」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース