マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

クリスマスホリデー

12月24、25日

マカオではクリスマス・イヴ(24日)とクリスマス(25日)の両日が公衆休日(パブリックホリデー)となる。

例年、11月末頃から市内各所でクリスマス装飾が始まり、12月に入ると街はクリスマースムード一色に。セナド広場には大きなクリスマスツリーが用意され、周辺は美しいイルミネーションで彩られる。

クリスマスには各教会でミサが開催されるほか、オーケストラによるクリスマスコンサートも。ショッピングモールではクリスマスセールが開催され、レストランもクリスマス限定メニューを用意するなど、街全体が華やかな雰囲気に。

日本では恋人たちのためのお祭りという色合いが強いが、マカオではクリスマスは家族で過ごす習慣が強い。

毎年デザインが変わるセナド広場のクリスマスツリー(写真は2012年)―本紙撮影

毎年デザインが変わるセナド広場のクリスマスツリー(写真は2012年)―本紙撮影


ジョルジュ・アルヴァレス公園の「馬小屋」―本紙撮影

ジョルジュ・アルヴァレス公園の「馬小屋」―本紙撮影

イベントの注目ニュース

マカオ博物館「MEMORY of THE PAST 館蔵ポストカード展」
2021年4月18日まで
マカオ管弦楽団『スターライトウィーン-ニューイヤーコンサート」
12月31日
第5回マカオ国際映画祭・アワード(IFFAM)
12月3〜8日
世界ツーリズム経済フォーラム・マカオ2020
12月8〜10日
マカオ管弦楽団『巨匠第一』
11月21日
リカルド・リマSF作品展『MO2049』
2021年1月8日まで
ワンダリング・アクロス・ザ・ランドスケープ-マカオ芸術博物館コレクション展
2021年8月29日まで
「マカオ水域の海賊(1854〜1935)」展
8月19日〜2021年1月31日
ウーゴ・テイシェイラ写真展『Involuntary Landscapes』
10月2日まで
MGSエンターテイメントショー2019
11月12〜14日

>> もっと見る

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年11月24日発刊 (12月号 vol.090」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース