マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(水舞間)

レジデントショー

シティ・オブ・ドリームズでレジデントショーとして上演されている「ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(水舞間)」。想像をはるかに超える大型舞台装置、意表を突く演出、ハイクオリティかつ高感度なパフォーマンスで観客を楽しませる、マカオが世界に誇る本格エンタテインメント。

*2020年6月18日からリニューアルのため一時休演。2021年1月の春節シーズンをメドに再開予定。
■公演時間:
基本は月・木・金・土・日曜日の17時、20時開演の1日2公演。時期により公演スケジュールが変動することもあるため、公式ホームページにて最新情報をチェックしておくのが望ましい。
■会場:
シティ・オブ・ドリームズ内ダンシング・ウォーター・シアター(約2,000席)

■チケット料金:
VIP席HK$1,498、A席HK$998、B席HK$798、C席HK$598(別途、子供料金設定あり)

■チケット取り扱い:
劇場窓口、公式サイト(www.thehouseofdancingwater.com
(c) City of Dreams

ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーターは数々の大型エンタテインメント作品を成功に導いた世界的ショーメーカー、フランコ・ドラゴーヌ氏がシティ・オブ・ドリームズとコラボレーションして生まれたショー。ドラゴーヌ氏が自ら地元中国の優雅な文化と悠久の歴史を探る旅に出かけ、そこで得たインスピレーションを元にオリジナルの時空を超える愛と冒険の叙事詩を創り出した。なお、このショーは言葉を使わないノンヴァーバル形式のため、言葉の心配をせずショーの内容を楽しむことができる。ショーの上演時間は約85分。

イベントの注目ニュース

マカオ博物館「MEMORY of THE PAST 館蔵ポストカード展」
2021年4月18日まで
マカオ管弦楽団『スターライトウィーン-ニューイヤーコンサート」
12月31日
第5回マカオ国際映画祭・アワード(IFFAM)
12月3〜8日
世界ツーリズム経済フォーラム・マカオ2020
12月8〜10日
マカオ管弦楽団『巨匠第一』
11月21日
リカルド・リマSF作品展『MO2049』
2021年1月8日まで
ワンダリング・アクロス・ザ・ランドスケープ-マカオ芸術博物館コレクション展
2021年8月29日まで
「マカオ水域の海賊(1854〜1935)」展
8月19日〜2021年1月31日
ウーゴ・テイシェイラ写真展『Involuntary Landscapes』
10月2日まで
MGSエンターテイメントショー2019
11月12〜14日

>> もっと見る

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年1月23日発刊 (2月号 vol.092」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース