マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

イベント

マカオ・インターナショナル・パレード

12月16日

2017年に実施されたマカオ・インターナショナル・パレード撮影コンテストの優勝作品(写真提供:ICM)
マカオ特別行政区成立記念日(返還記念日)を祝うイベントとして2009年に「パレード・スルー・マカオ,ラテンシティ」の名称でスタート。2017年から正式名称が「マカオ・インターナショナル・パレード」へ変更となった。

>> 続きを読む

マカオ特別行政区成立記念日(19周年)

12月20日

1999年12月20日にポルトガルから中国へ施政権返還が行われ、同日中華人民共和国マカオ特別行政区が成立。2018年で19周年を迎える。

>> 続きを読む

冬至

12月22日(振休12月26日)

一年で最も昼の時間が短く、夜が長くなる冬至。マカオでは家族そろって食事をする(食事に出かける)習慣がある。レストランは予約客で混雑するため、当日マカオで食事を予定している場合は事前予約しておくのがベター。

>> 続きを読む

クリスマスホリデー

12月24、25日

毎年デザインが変わるセナド広場のクリスマスツリー(写真は2012年)―本紙撮影
マカオではクリスマス・イヴ(24日)とクリスマス(25日)の両日が公衆休日(パブリックホリデー)となる。

>> 続きを読む

マカオライトフェスティバル2018

12月2~31日

美食ナイトマーケットのイメージ(写真:MGTO)
2015年からスタートしたウィンターイベント。前回(2017年)は市内の広場や歴史的建造物を舞台にインタラクティブ型の3Dプロジェクションマッピングや光のインスタレーション作品の展示などが行われた。

>> 続きを読む

大晦日

12月31日(午後半休)

2011年大晦日に開催されたMGMマカオのカウントダウンイベント (c) MGM Macau
マカオでは西暦よりも農暦新年(いわゆる旧正月)を盛大に祝う習慣があるため、日本と比べると12月31日の大晦日(現地では「除夕」とよばれる)に「年の瀬」の雰囲気を感じることは少ない。当日、午後は半休となる。

>> 続きを読む

ラ・パリジェンヌ-キャバレー・フランセーズ

〜1月6日

「ラ・パリジェンヌ-キャバレー・フランセーズ」のワンシーン(写真:The Parisian Macao)
パリのキャバレーをイメージしたモダン&トラディショナルアートの融合、革新的かつクラシカルな38人のパフォーマーによるエンターテイメントショーがマカオ初上陸。

>> 続きを読む

サンズ・リゾーツ・マカオ「マジカル・ウインター」

2019年1月6日まで

「ウィンター・イン・パリ」スケートリンクのイメージ(写真:Sands Resorts Macao)
マカオの統合型リゾートタウン「サンズ・リゾーツ・マカオ」が「マジカル・ウィンター」をテーマに冬のホリデーシーズンならではの多彩なイベントを開催。

>> 続きを読む

ウィンターフラワーショー

1月6日まで

「シティ・オブ・ロマンティック・ラブ-2018ウィンターフラワーショー」開幕式典=2018年12月14日、タイパ島・龍環葡韻エリア(写真:GCS)
マカオの冬の恒例イベント「ウィンターフラワーショー」。今回は、「シティ・オブ・ロマンティック・ラブ」がテーマとなり、その象徴となるバラの花が4万株展示され、会場のおよそ4分の1を占めるとのこと。

>> 続きを読む

きかんしゃトーマス&リトルビッグクラブ・オールスターズ

2019年2月28日まで

「きかんしゃトーマス&リトルビッグクラブ・オールスターズ」イメージ(写真:Sands Cotai Central)
コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「サンズコタイセントラル」で毎日開催されるキャラクターイベント。

>> 続きを読む

1 / 4 1 2 3 4

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年11月26日発刊 (12月号 vol.066」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース