マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

イベント

天后節/媽祖生誕祭

4月27日

「娘媽誕(A-Ma Festival」)」は船乗りを守る少女神「娘媽」(別名:天后、媽祖)の誕生を記念した祭日。日本語では天后節や媽祖生誕祭と呼ばれる。2019年は4月27日。

>> 続きを読む

エレクロン(狂電派)

レジデントショー

『エレクロン』劇中シーン(資料)=2019年1月23日(写真:Melco Resorts & Entertainment Limited)
スタジオ・シティ・マカオで2019年1月から上演が始まった最新レジデントショー。

>> 続きを読む

HUSH!! Full Music

4月28日〜5月1日

「HUSH!! Full Music」会場イメージ(写真:ICM)
コロアン島のハクサビーチでゴールデンウィークシーズンに開催される野外音楽フェス。

>> 続きを読む

メーデー(労働節)

5月1日

労働者の日。マカオの公衆休日(パブリックホリデー)となる。

>> 続きを読む

仏誕(潅仏)祭/酔龍祭/潭公祭

5月12日(13日が振休)

マカオで代々受け継がれる勇壮なお祭り(写真:MGTO)
旧暦4月8日(2019年は5月12日)は、「仏誕(潅仏)祭」、「酔龍祭」、「潭公祭」という3つの中国系の祭日が重なる特別な日。マカオでは「佛誕節」としてパブリックホリデーに。2019年は日曜日にあたるため、13日が振替休日となる

>> 続きを読む

ファティマ聖母の行列

5月13日

ファティマ聖母の行列(写真:MGTO)
1917年にポルトガルのファティマで起こったといわれるカトリックの奇跡の「ファティマの奇跡」を記念したもので、毎年5月13日に行われる。漢字では花地瑪聖像巡遊と表記される。

>> 続きを読む

インターナショナルミュージアムデー

5月18日

2012年にはマカオの博物館が一堂に会した記念イベントが塔石広場で開催された(写真:ICM)
毎年一度、5月18日のインターナショナルミュージアムデー(國際博物館日)は1977年に国際博物館協会により定められたもの。この時期、マカオアートフェスティバルも開催される。

>> 続きを読む

G2E(グローバル・ゲーミング・エキスポ)アジア2019

5月21~23日

「G2Eアジア」エキジビションホールイメージ(写真:Reed Exhibitions)
アジア最大級の国際カジノ見本市として毎年5月中旬にマカオで開催されている「G2Eアジア(Global Gaming Expo Asia)」。13回目となるG2Eアジア2019の開催期間は5月21日から23日までの3日間、会場は前回と同じコタイ地区の大型IR(統合型リゾート)ヴェネチアンマカオのコタイエキスポホールを予定している。 G2Eアジアはアメリカゲーミング協会と国際展示会大手リード・エグジビションズ社の共催で2007年にスタート。全世界からスロットマシン及びカジノ周辺機器メーカー、サービスプロバイダーなどが出展し、アジアを中心としたカジノ運営会社の関係者らが視察に訪れることから、ビジネスネットワーキングハブ機能を果たしてしているのが特徴だ。 前回のG2Eアジア2018では、エキジビション面積が前年から27%拡大の3万3000平米、来場者数が同17.2%増の1万6358人に上り、いずれも最大/最多となった。今年も会場を初めて2フロア化することなどを発表済みで、規模の拡大が見込まれる。 今回、「ファイナンス・テクノロジー・アジア」と題したフィンテックに特化した展示エリア及びフォーラムが新設される。 G2Eアジアといえば、日系のカジノマシン及び関連機器、カジノ用品メーカーなどによる出展や内外の専門家による日本のカジノ解禁をテーマにした講演やパネルディスカッションが多くセットされるなど、日本の存在感が大きいことでも知られる。 関連イベントとして、21日夜にはアジアのカジノ業界対象の表彰イベント「G2Eアジアアワード」も開催される。 亞洲國際博彩娛樂展會2019
Global Gaming Expo (G2E) Asia 2019

・会期:2019年5月21日〜23日
・時間:21日及び22日10:30〜18:00、23日10:30〜16:00(展示会場)
・会場:ヴェネチアンマカオ内コタイエキスポホール
・ウェブサイト:G2Eアジア公式ウェブサイト(英語・中国語)
※エキジビション、セミナーとも事前参加登録が必要(セミナーは有料)
「G2Eアジア」エキジビションホールイメージ(写真:Reed Exhibitions)

>> 続きを読む

ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(水舞間)

レジデントショー

(c) City of Dreams
シティ・オブ・ドリームズでレジデントショーとして上演されている「ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(水舞間)」。想像をはるかに超える大型舞台装置、意表を突く演出、ハイクオリティかつ高感度なパフォーマンスで観客を楽しませる、マカオが世界に誇る本格エンタテインメント。

>> 続きを読む

マカオアートフェスティバル

5月4日〜6月2日

会場のひとつとなるマカオ文化センター(写真:ICM)
毎年恒例で開催されるアートの祭典「マカオアートフェスティバル(澳門藝術節)」。2019年で第30回を迎える。

>> 続きを読む

1 / 5 1 2 3 4 5

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 3月26日発刊 (4月号 vol.070」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース