マカオ新聞トップ > マカオのホテル > エリア別ホテルガイド

マカオのホテル

エリア別ホテルガイド

マカオ半島

マカオの政治、経済、文化の中心。世界遺産、商業ビル、政府機関が集中するのは新口岸地区と新馬路周辺で、ホテルも大半がこのエリアに。よりオフィス街に近い中心部に地元マカオや香港資本の3つ星、4つ星クラスの中規模シティホテルが多く集まり、大規模な欧米資本の豪華リゾートホテルは新口岸地区に集中している印象。

>>マカオ半島の厳選ホテル一覧

コタイ地区

埋め立て造成されたこの地区には大規模なリゾート群が建ち並ぶ。1つのリゾートに複数のホテルが入居することも多く、ホテル選びの際はリゾートの規模や雰囲気、共用施設のチェックも欠かせない。現在、コタイ地区を東西に貫く、いわゆる「コタイストリップ」を中心にヴェネチアンマカオなど複数の大型リゾートが軒を連ねる。

>>コタイ地区の厳選ホテル一覧

タイパ島/コロアン島

新興住宅街として開発が進むタイパ島では住宅街の中にパックツアー客をメインとした中規模クラスのホテルが複数点在。島の北側にあるアルティラマカオが孤高の存在だ。マカオ最南端に位置するコロアン島は自然が多く残り、カジノがない島として知られる。大型ホテルは島の南にある欧米人から人気の高いウェスティンリゾートのみ。

>>タイパ島/コロアン島の厳選ホテル一覧

ホテルフォトギャラリー