マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

台湾マンダリン航空、台中・ソウル線の運休決定=韓国でのMERS感染拡大受け

その他2015/06/12 08:42

台湾チャイナエアライン(中華航空)グループのマンダリン航空(華信航空)は6月11日、韓国におけるMERS感染が拡大していることを受け、同社が1日1往復運航している台中・ソウル線について、6月12日から運休すると発表した。

マカオの政府系放送局TDMが6月11日深夜のラジオニュースで報じた。マンダリン航空では、再開の見通しについては8月の見通しとしており、再開後しばらくは週5便、その後は状況をみて元の1日1便に戻すことを想定しているという。

なお、同社の台北・ソウル線については減便対応で運航を継続する模様。

韓国・ソウルの繁華街、明洞(ミョンドン)地区の町並み(資料)=2010年—本紙撮影

韓国・ソウルの繁華街、明洞(ミョンドン)地区の町並み(資料)=2010年—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 7月24日発刊 (8月号 vol.074」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース