マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

中国で入院中の韓国人MERS感染者、医療費未払い発覚=現地当局は自己負担求める姿勢

珠江デルタ2015/06/20 15:51

先月(5月)末、44歳の韓国人の男性がMERS感染疑いを隠して韓国から香港経由で中国・広東省へ渡航し、その後、体調を不良を訴えて搬送された現地の病院が実施した検査で感染が確定した事件は記憶に新しい。この男性は、今も広東省内の医療機関で入院治療を受けている。

香港の日刊紙「アップルデイリー」が6月20日午後の電子版で前日のシンガポール紙の報道を元に伝えた内容によると、この韓国人の男性がこれまで15日間の入院治療にかかった費用を一切支払っていないことを中国当局者が明らかにしたという。

韓国人男性が入院している医療機関のある広東省恵州市衛生・計画生育局の許岸高局長は、国際慣習に照らし合わせた場合、中国でMERSの治療を受けている当該韓国人患者は、医療費を自己負担する必要があるとの考えを示したという。また、MERSは新型症例であり、この患者のためだけに多数の検査設備などを購入せざるを得なかったとし、治療にかかった総額は800万人民元(日本円換算:約1億5800万円)を超えるとのこと。

この件に関して、中国のネット上では患者本人の自己責任及び韓国政府の防疫体制の不備を指摘する意見が多く見受けられたという。

MERSに感染した44歳韓国人男性が広東省へ移動する際に経由した香港国際空港(資料)—本紙撮影

MERSに感染した44歳韓国人男性が広東省へ移動する際に経由した香港国際空港(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 7月24日発刊 (8月号 vol.074」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース