マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

香港政府、韓国への渡航警告レベル引き下げ「28日間連続MERS新規患者発生ゼロ」を条件に検討

珠江デルタ2015/06/28 14:46

韓国でMERS(中東呼吸器症候群)感染が拡大する中、香港政府は今月(6月)9日に韓国への渡航警告レベルを脅威の存在が明確とする「赤」に引き上げ、不要不急の韓国渡航を自粛するよう呼びかけている。また、これを受けて香港の旅行代理店は7月中旬までの韓国行きパッケージツアーの催行中止を決定した。

香港の日刊紙「アップルデイリー」が6月28日午前の電子版で報じた内容によると、香港政府食品衛生局の高永文局長は同日、韓国でMERSの新規感染者が同月27、28日と2日連続でゼロとなっていることについて、当地におけるパンデミックが発生するリスクは低減したが、香港においては引き続き警戒を維持すると述べたという。また、今後の香港政府による韓国への渡航警告レベル引き下げについて「28日間連続MERS新規患者発生ゼロ」を条件に検討するとの見通しを明かしたとのこと。

28日間という数字については、WHO(世界保健機関)が示すMERSの潜伏期間は2〜14日間であることから、香港当局ではその2周期分を観察期間に充てるためという。

仮に6月27日で新規患者の発生がストップしたとすると、最も早い警告レベル引き下げのタイミングは7月25日となる。

韓国・ソウルの繁華街、明洞(ミョンドン)地区の町並み(資料)=2010年—本紙撮影

韓国・ソウルの繁華街、明洞(ミョンドン)地区の町並み(資料)=2010年—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 7月24日発刊 (8月号 vol.074」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース