マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

6〜7月、香港・マカオからの訪韓旅客激減、MERS流行拡大受け=渡航自粛勧告解除も本格回復は9月以降の見通し

珠江デルタ2015/08/06 11:05

韓国におけるMERS(中東呼吸器症候群)の流行拡大を受け、香港・マカオの両政府は今年(2015年)6月8日から8月1日まで韓国への渡航自粛勧告を発令していた。このおよそ2ヶ月の間、香港・マカオから韓国を訪れた旅客数は顕著な減少だったという。

マカオの日刊紙「澳門日報」が8月6日付紙面で香港中通社電(5日)を引用して報じた記事によると、韓国観光公社香港支社は、直近2ヶ月の劣勢を挽回すべく、間もなく香港で誘致プロモーションを打ち出す予定という。

また、同社のリ社長は、今年6月の香港からの訪韓旅客数は前年同期比75%減の1万3949人で、7月についても推計で約80%減を見込んでいるとのこと。8月1日に香港政府が韓国への渡航自粛勧告を解除したが、同月についても25%程度のマイナスが予想され、本格的な回復は9月以降になるとの見通しとした。

なお、マカオ政府統計調査局が公表した最新の6月分の統計でも、同月マカオから韓国を訪れた団体旅客数が8割超の下落を記録している。

韓国・ソウルの繁華街、明洞(ミョンドン)地区の町並み(資料)=2010年—本紙撮影

韓国・ソウルの繁華街、明洞(ミョンドン)地区の町並み(資料)=2010年—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 7月24日発刊 (8月号 vol.074」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース