マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの新IRスタジオ・シティ、多目的アリーナの概要発表=5000席規模、こけら落としはアーロン・クオックのコンサート

カジノ2015/09/09 10:08

マカオ・コタイ地区で建設が進む新規大型IR「スタジオ・シティ」について、今年(2015年)10月27日の開幕が近づく中、施設概要の発表が相次ぎ、徐々に全貌が明らかになりつつある。

運営会社スタジオ・シティ・インターナショナル・ホールディングスの親会社にあたるメルコ・クラウン・エンターテインメントは9月8日、リゾートに併設する多目的アリーナ施設「スタジオ・シティ・イベント・センター(略称:SCEC)」の概要を発表した。

発表会には香港スターのアーロン・クオック(郭富城)さんが出席し、11月7日に開催する自身のコンサートがこけら落とし公演となる事を明らかにした。

SCECの座席数は5000席で、豪華プライベートルーム16室、VIP席242席、VIPラウンジを備える。コンサートや授賞式のほか、バスケットボール、テニス、格闘技等のスポーツイベントにも適合しているとのこと。また、シアター並みの音響システムを採用し、専門コントロール室、衛星中継インフラも完備するという。

スタジオ・シティはハリウッド映画をテーマとした大型IRで、カジノ、ホテル、ショッピングモール、多目的アリーナのほか、世界初の8の字型観覧車「ゴールデン・リール」、バットマンをテーマにしたアトラクション「バットマン・ダーク・フライト」、世界的イリュージョニストとして知られるフランツ・ハラレー氏プロデュースの常設型マジックアトラクション「ザ・ハウス・オブ・マジック」など、ファミリー向けレジャー・エンターテイメント要素を多数盛り込んでいるのが特徴的。プロジェクト総工費は32億米ドル(日本円換算:約3846億円)に上るという。

昨今、マカオのカジノ売上に占めるVIPルームとマス(平場)の比率が拮抗するなど、市場が大きな変化を遂げる中で開業を迎えることになるスタジオ・シティだが、レジャー・エンターテインメント要素を多く盛り込んだマスをメインターゲットとの位置付けで、新時代の象徴的存在としてマカオ内外で大きな注目を集めている。

マカオの新IR(統合型リゾート)スタジオ・シティ併設の多目的アリーナ「スタジオ・シティ・イベント・センター」概要発表会に出席したアーロン・クオックさん=9月8日(写真:Studio City)

マカオの新IR(統合型リゾート)スタジオ・シティ併設の多目的アリーナ「スタジオ・シティ・イベント・センター」概要発表会に出席したアーロン・クオックさん=9月8日(写真:Studio City)

「スタジオ・シティ・イベント・センター」館内イメージ(写真:Studio City)

「スタジオ・シティ・イベント・センター」館内イメージ(写真:Studio City)

スタジオ・シティ完成予想イメージ(写真:Studio City)

スタジオ・シティ完成予想イメージ(写真:Studio City)

【参考映像】スタジオ・シティのカジノ

【参考映像】スタジオ・シティの8の字観覧車「ゴールデン・リール」

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年8月24日発刊 (9月号 vol.087」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース