マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの路線バスに無料公衆無線LANサービス導入

観光2015/10/30 13:15

マカオ最大手の通信キャリア澳門電訊(CTM)、交通系ICカードの澳門通(マカオパス)、バス車内デジタルサイネージの澳動傳科公司(MOME)の3社は10月29日、路線バス車内に無料公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)を導入することを発表した。

マカオの政府系放送局TDMが同日夕方のラジオニュースで報じた内容によると、マカオに3社ある路線バス事業者のうち、新福利(トランスマック)の330台のバスから先行してサービスを開始し、将来的に残る2社にも拡大していく考えという。なお、利用は無料だが、1回につき30分間という時間制限が設けられるとのこと。

マカオの交通機関では、カジノIR(統合型リゾート)が独自に運行するフェリーターミナルや出入境ゲートと施設の間を結ぶ無料シャトルバス車内でも無料公衆無線LANサービスが相次ぎ導入されている。

黄色と紺色のツートンカラーが目印となる新福利の路線バス(資料)=セナド広場前にて

黄色と紺色のツートンカラーが目印となる新福利の路線バス(資料)=セナド広場前にて

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年7月24日発刊 (8月号 vol.086」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース