マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

消費旺盛な「北方」旅客に期待集まる

産業・経済2012/12/17 12:28

間もなく北京と広東省を結ぶ中国の高速鉄道(新幹線)「京廣高鐡」が開通するのに加え、今年から北京をはじめとする6都市で香港、マカオへの自由旅行ビザ発給規制が緩和したことを受け、マカオのリテール業では中国北方エリアからの旅客に対する新たなビジネスチャンスへ期待が高まっている。

北京と広州を結ぶ新幹線「京廣高鐡」は北京、河北省、河南省、湖北省、湖南省、広東省の6省29都市を沿線に抱える。また、今年北京、上海、天津、重慶、広州、深圳6都市の非地元戸籍就労者と高等教育機関学生に対して香港、マカオへの自由旅行ビザ発給規制が緩和されている。

17日付地元有力紙「澳門日報」が報じたところによると、土産店、高級ショッピングモールの高級ブランド店の話として、今年後半から来客数は伸びているものの、中国本土の景気減速の影響を受けて客単価は伸び悩んでいたという。その中で、主に中国北方エリアからの顧客は一般的に広東省などの南部と比較して消費額がきわめて大きかったとした。その理由として、近距離にある広東省近辺の顧客は容易にマカオへ再訪できるためとし、遠方の旅客ほど家族や友人の分も含めて一気にまとめ買いをしていく傾向があるという。

交通ネットワークの拡充と自由旅行ビザ発給都市の拡大と緩和により多くの消費潜在力の高い地方からの来客を見込めることから、マカオのリテール業では大きな恩恵を受けそうだ。しかし、マカオ出入境の際のイミグレーションの混雑緩和など、増加の一途をたどる旅客を迎えるためのインフラ整備が急務であることも指摘されている。

中国本土とマカオの主要出入口「關閘(ボーダーゲート)」イミグレーション(資料)―本紙撮影

中国本土とマカオの主要出入口「關閘(ボーダーゲート)」イミグレーション(資料)―本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年7月26日発刊 (8月号 vol.110」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース