マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ・タイパハウスミュージアム前で3Dプロジェクションマッピングショー開幕=バレンタインデーがテーマ

観光2016/02/13 09:36

マカオ政府旅遊局(観光局)は2月2日から29日の午後6時から10時まで「バレンタインデーファンタジア2016ーフェアリーテールオブライツ」と題した光のイベントを開催。会場となるタイパ島の龍環葡韻エリアはロマンティックなムードに包まれている。

会場では14組のライトインスタレーションが点灯するほか、2月12〜22日にはタイパハウスミュージアム前の特設会場でシンデレラのガラスの靴をテーマにした3Dプロジェクションマッピングショーの上演(19時、19時30分、20時、20時30分、21時、21時30分、21時55分)とインタラクティブゲームを実施する。

2月12日夜、旅遊局のマリア・エレナ・デ・セナ・フェルナンデス局長らが出席し、3Dプロジェクションマッピングショーの開幕式が行われた。光のショーは昨年(2015年)末にセナド広場で初開催されたものに次いで今回が2度目となるが、同氏はマカオ各地で同種のイベントの開催可能性を検討しているとコメント。なお、今回のイベントの開催にかかる予算はおよそ400万パタカ(日本円換算:約5650万円)とのこと。

「バレンタインデーファンタジア2016ーフェアリーテールオブライツ」3Dプロジェクションマッピングショー開幕式=2月12日(写真:GCS)

「バレンタインデーファンタジア2016ーフェアリーテールオブライツ」3Dプロジェクションマッピングショー開幕式=2月12日(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年9月24日発刊 (10月号 vol.088」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース