マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオのレジデントショー「TABOO」が見納めか=3月末で一旦休演

産業・経済2016/03/11 09:52

マカオ・コタイ地区のIR(統合型リゾート)シティ・オブ・ドリームズ内にあるクラブ・キュービックで行われているレジデントショー(常設公演)「TABOO」が今月(2016年3月)末をもって見納めとなるかもしれない。

「TABOO」はシティ・オブ・ドリームズの親会社にあたるメルコ・クラウン・エンターテインメントと世界的ショーメーカーとして知られるフランコ・ドラゴーヌ氏が率いるドラゴーヌ劇団のパートナーシップで制作されたオリジナル作品で、キャバレーをイメージしたという妖艶かつアクロバティックな演出で話題を呼んだ。初演は2013年。

マカオの日刊英字経済紙マカオビジネスデイリーが3月8日付電子版で報じた内容によれば、運営側は今年1月末、パフォーマーや技術スタッフなど32人のスタッフらに向けショーをキャンセルする方針を伝えたという。なお、メルコ・クラウン・エンターテインメントは同紙からの問い合わせに対し、一時的な休演である旨を文書で回答したとのこと。

本紙が3月11日朝の時点で「TABOO」の公式ウェブサイトを確認したところ、公演スケジュールは3月31日までで、4月以降は空欄となっていた。また、3月31日が今シーズンの最終公演であるとし、公演終了後にアフターパーティを開催するとの情報も掲載されている。

「TABOO」(資料)—本紙撮影

「TABOO」(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年8月24日発刊 (9月号 vol.087」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース