マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

カジノ分煙義務化スタート―2013年元旦午前0時

産業・経済2012/12/31 09:57

2012年1月1日に施行された新禁煙法の第2ステージとして、2013年1月1日午前0時からマカオの全カジノを対象に分煙義務化がスタートする。

カジノ分煙化スタート後、カジノでの喫煙は指定された喫煙ゾーン内のみとなる。喫煙ゾーンはカジノ営業面積の50%以下。違反者への罰則金は400パタカ。

また、2013年1月1日からマカオで販売されるタバコのパッケージについても、50%以上の面積でメッセージと図版の掲載による健康啓発が義務化される。

2013年1月1日、カジノ分煙化スタート

2013年1月1日、カジノ分煙化スタート

タバコパッケージの掲載される警告メッセージの例 (c) SSM 衛生局

タバコパッケージの掲載される警告メッセージの例 (c) SSM 衛生局

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年11月24日発刊 (12月号 vol.102」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース