マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの世界遺産・聖ポール天主堂の除草作業が前倒しで完了=足場撤去のため一時クローズ

観光2016/07/19 12:10

マカオのシンボル的存在として有名なユネスコ世界文化遺産リストに登録されている歴史的建造物、聖ポール天主堂跡の前壁背面部で実施されていた除草作業が当初予定より約1週間前倒しで終了したことがマカオ政府文化局(ICM)より発表された。

同局によれば、7月19日午後2時から7月21日午後2時にかけて足場を撤去する作業を実施する予定で、天主教芸術博物館及び墓室を含む聖ポール天主堂跡の一般公開を一時中止するという。

なお、除草作業を実施した理由について、植物の根が伸びることによる壁面の崩落を防止するためとしている。

除草作業のため全壁背面部に設置された足場(写真:ICM)

除草作業のため全壁背面部に設置された足場(写真:ICM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年10月23日発刊 (11月号 vol.101」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース