マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、パンダの双子が生後満1ヶ月迎える

観光2016/07/26 20:35

先月(6月)26日にマカオ・コロアン島の石排灣郊野公園内にあるマカオジャイアントパンダパビリオンで飼育・展示されているつがい(オス:カイカイ=7歳、メス:シンシン=9歳)に双子のオスの赤ちゃんが誕生してから満1ヶ月が経過した。

同館を管轄するマカオ政府民政総署(IACM)は7月26日午前、地元保育園に通う子供たちとプレスを招き、中国で伝統的にお披露目のタイミングとされる生後満1ヶ月を記念したセレモニーを開催した。

双子のうち、体重135グラムで生まれた幼名「大寶(ポルトガル語名:MANO=マーノ)」は7月26日時点で約7.5倍の1010.5グラム、わずか53.8グラムだった「小寶(IRMAO=イルマオン)」は14倍の753.6グラムとなり、いずれも順調に成長しているとのこと。

生後1ヶ月を迎え、地元の保育園児に披露された双子のパンダ=7月26日、マカオジャイアントパンダパビリオン(写真:IACM)

生後1ヶ月を迎え、地元の保育園児に披露された双子のパンダ=7月26日、マカオジャイアントパンダパビリオン(写真:IACM)

なお、双子のパンダの命名方法については、検討中で未定とのこと。

現在、マカオジャイアントパビリオンではカイカイのみの展示となっており、母子揃っての一般公開時期は半年後が目安になる見通し。ちなみに、入館料は10パタカ(約140円)で、世界で最も安価でパンダを見学できる施設のひとつとして人気を博している。

(>>その他の写真は「マカオ新聞」公式フェイスブックの記事参照)

赤ちゃんパンダ「大寶」の体温測定の様子=7月26日、マカオジャイアントパンダパビリオン(写真:IACM)

赤ちゃんパンダ「大寶」の体温測定の様子=7月26日、マカオジャイアントパンダパビリオン(写真:IACM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年10月23日発刊 (11月号 vol.101」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース