マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

香港地下鉄観塘線延伸部が10月開通へ=油麻地〜黄埔間に2つの新駅…在留邦人にも恩恵

珠江デルタ2016/08/07 10:36

香港の九龍半島の南部の調景嶺(ティウケンレン)駅と油麻地(ヤウマァテイ)駅の間を結ぶ地下鉄路線(一部区間は地上及び高架線)のMTR観塘(クントン)線について、油麻地駅から先の何文田(ホーマンティン)駅、黄埔(ワンポア)駅に至る2.6kmの区間で延伸工事が進められているが、間もなく開通する見通しだ。

8月6日、香港政府運輸住宅局の張炳良(アンソニー・チャン)局長は何文田駅の建設現場を視察した際、延伸部の開通時期が今年(2016年)10月を予定していること、油麻地駅と黄埔駅間の所要時間は5分で、現行の20分から大幅に短縮されることなどを明らかにした。すでに試運転も始まっており、具体的な開通日の発表を待つばかりとなっている。

今回、張局長が視察した何文田駅は8つのフロア、5つの出口を擁し、現在建設中で2019年にも開通予定の九龍半島を南北に貫く地下鉄新線(通称:沙中線)と十字に交差するMTR最大の乗換駅となる予定。

黄埔周辺は在留邦人が多く住むエリアとして知られ、新駅開業による生活利便性向上といった恩恵が期待される。

何文田駅を視察する香港政府運輸住宅局の張炳良局長(写真:news.gov.hk)

何文田駅を視察する香港政府運輸住宅局の張炳良局長(写真:news.gov.hk)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年5月25日発刊 (6月号 vol.108」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース