マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

低い政府公共投資運用利回りへ批判相次ぐ

産業・経済2013/01/09 10:46

8日、マカオ立法会で政府公共投資の運用利回りが長期にわたり低迷している現状を受け、多くの議員と金融管理局行政委員会丁連星主席との間で質疑応答のやり取りが行われた。

9日付地元有力紙「澳門日報」が報じた。現在、マカオ政府の公共投資は香港ドル、米ドルによる預金と米国国債を中心に運用されており、利回りはそれぞれ0.4%、0.44%、0.45%(2012年2~10月平均)と低水準。金融管理局ではハイリスク・ハイリターンよりも、低利回りながらも低リスクによる運用を志向していると回答。しかし、中国、シンガポール、ノルウェー等の国家系ファンドの2008~2011年の運用利回りがそれぞれ4.25%、6.93%、2.35%にも上ることから、マカオ政府も投資政策を改めるべきとの意見が相次いだ。

これに対し金融管理局行政委員会丁連星主席は今後運用先の多元化を検討しており、人民元への投資も模索すると回答している。また、2012年10月末時点での運用利回りは1.5%だったとした。

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 7月24日発刊 (8月号 vol.074」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース