マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ航空、日本路線減便示唆

澳日関係2013/01/10 11:19

マカオと日本の東京(成田)、大阪(関西)の2都市を結ぶ定期直行便を運航するマカオ航空が、今年日本路線の減便に踏み切る可能性を示唆した。

10日付地元有力紙「澳門日報」が報じた。マカオ航空の鄭岩会長によると、日中関係が悪化による影響を受け、マカオと東京、大阪間の旅客数が中国、日本の双方で大幅に減少しており、搭乗率は3割程度まで落ち込んでいるという。マカオ航空として損益バランスを重視する必要性から、日本路線の減便もありえるとした。

マカオと日本を結ぶ定期便は現在東京(成田)が週7便、大阪(関西)が週4便。昨年秋以降、成田路線は臨時運休という形で減便対応を行っている。鄭会長によると、昨年末のピーク時に搭乗率が回復した時期があったが、依然として通常期は芳しくないとのこと。

一方、マカオ航空の業績は順調で、3年連続の利益増、2012年の利益は過去最高を更新する見込み。9日に瀋陽路線を開設するほか、今年中に温州、鄭州路線を開設する。今後、中国本土路線をベースにしながら、東南アジア、東北アジアへと路線の拡大を狙うという。

1月9日の瀋陽便就航式典でスピーチを行う鄭会長 (c)  澳門航空股份有限公司

1月9日の瀋陽便就航式典でスピーチを行う鄭会長 (c) 澳門航空股份有限公司

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年10月25日発刊 (11月号 vol.077」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース