マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

中信國際、CTM株99%を掌握へ―上位2社から買付

産業・経済2013/01/14 08:31

マカオ最大手の通信会社CTM(澳門電訊)について、今月15日にも現在第3位株主のシティック・インターナショナル(中信國際電訊)が上位株主2社が保有する全株式を買い取ることが分かった。

14日付地元有力紙「澳門日報」が報じた。CTMは1981年に当時のマカオ政庁と英国ケーブルアンドワイヤレス(C&W)により設立されたマカオ最大手の総合通信企業。現在の株主構成はC&Wが51%、ポルトガルテレコム(PT)28%、中信國際20%、マカオ政府郵政局1%。このうち、現在第3位株主の中信國際が上位2社が保有する79%分を買い取り、一気に99%を掌握する。審査等を経る必要があるため、取引完了まで6~9か月程度かかる見通し。

買収総額は93億パタカ(約930億円)。中信國際はすでに10億米ドルを超える貸付承諾を邦銀含む7銀行から取り付けている。7銀行はオーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)、三菱東京UFJ銀行、DBS銀行、INGバンク、みずほコーポレート銀行、三井住友銀行、スタンダード・チャータード銀行。

タイパ島のCTM本社ビル(CTMホームページより)

タイパ島のCTM本社ビル(CTMホームページより)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2023年1月24日発刊 (2月号 vol.116」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース