マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

新拱北出入境ビル竣工、1日50万人通行可

珠江デルタ2013/01/27 11:19

広東省珠海市の何寧卡市長は26日、第12回広東省広東省人代で2010年に着工した新拱北出入境ビルが竣工し、数か月以内に運用を開始できる見込みと語った。

27日付地元有力紙「澳門日報」が報じた。現在、珠海市からマカオへの主要出入境ゲートとして利用されている拱北・關閘ルートはキャパシティを超える運用が続いている。長蛇の列ができ、出入境にかかる時間が長いことで利用者の不満が高まっていた。既存施設の通関キャパシティは1日当たり30万人だが、新ビルの運用開始後は50万人となる見通し。

また、これに加え、珠海市からマカオへの出入境ゲートとしてすでに運用している湾仔、横琴、さらに拱北横に設置が予定されている新ルート(粤澳新通道)と港珠澳大橋人工島の新施設を含めた5施設の通関キャパシティは1日当たり120万人を予定しているという。

珠海・拱北イミグレーション(資料)―本紙撮影

珠海・拱北イミグレーション(資料)―本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年7月26日発刊 (8月号 vol.110」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース