マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

チームラボ「未来の遊園地」がマカオ初上陸…MGMマカオで3ヶ月間開催

観光11/13 13:41

日本のウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」が手がけるデジタル技術を駆使した体験型知育エキジビション「未来の遊園地」がマカオへ初上陸することがわかった。

マカオ半島新口岸地区にあるカジノIR(統合型リゾート)「MGMマカオ」が誘致したもので、2017年12月1日から2018年2月28日までの3ヶ月間、「Learn & Play! teamLab Future Park(中国語:teamLab未來遊樂園)」のタイトルでリゾート内のアートスペースでの開催を予定している。

今回、マカオで展示されるのは「光のボールでオーケストラ」「グラフィティネイチャー - 山と谷」「お絵かきタウン」「お絵かきクリスマス」の4つのインタラクティブアートアトラクションと「お絵かきタウンペーパークラフト」で、このうち「お絵かきクリスマス」と「グラフィティネイチャー - 山と谷」が中華圏初登場となる。

入場チケットは11月15日からMGMマカオのグランドプラサ広場窓口とMGMマカオ公式ホームページでの発売されるとのこと。料金は一般150パタカ(日本円換算:約2100円)、マカオ居民(マカオ居留権保有者)及びMGMマカオ「M Life」メンバー120パタカ(約1700円)、2歳以下は無料。

チームラボ「未来の遊園地」のアートアトラクション「お絵かきタウン」(写真提供:MGM Macau (c) teamLab,Inc. )

チームラボ「未来の遊園地」のアートアトラクション「お絵かきタウン」(写真提供:MGM Macau (c) teamLab,Inc. )


中華圏初登場となるアートアトラクション「グラフィティネイチャー - 山と谷」(写真提供:MGM Macau (c) teamLab,Inc. )

中華圏初登場となるアートアトラクション「グラフィティネイチャー - 山と谷」(写真提供:MGM Macau (c) teamLab,Inc. )

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2017年10月27日発刊 (11月号 vol.053」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース