マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ税関、商標権侵害スニーカー販売店を摘発

社会・政治2017/12/14 10:53

マカオ税関(澳門海關)は12月13日、マカオ半島北区の店舗で商標権を侵害したスニーカーが売られているとの情報提供を受けて捜査に着手し、12日に同店への立ち入り検査を実施したと発表した。

税関では、店内から465足の商標権を侵害したスニーカー、小売価格にして約20万パタカ(日本円換算:約280万円)相当分を発見、マカオ人の店主の男(45)の身柄を拘束したとのこと。

店主は税関の調べに対し、スニーカーは外地で1足あたり100〜200パタカ(約1400〜2800円)で仕入れ、200〜400パタカ(約2800〜5600円)で販売していたなどと話しているという。税関では、店主を知的財産権関連法違反で起訴する方針。

マカオ税関が立ち入り検査を実施した商標権侵害スニーカー販売店=2017年12月12日(写真:澳門海關)

マカオ税関が立ち入り検査を実施した商標権侵害スニーカー販売店=2017年12月12日(写真:澳門海關)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 3月26日発刊 (4月号 vol.070」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース