マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

催涙スプレー所持で搭乗予定の女を逮捕…マカオ国際空港の手荷物検査で発見

社会・政治01/09 09:42

マカオ治安警察局の発表によれば、1月5日にマカオ国際空港を出発する旅客便を利用予定の乗客の荷物の中から禁制品と思われる品が見つかったと空港警備担当から通報を受けたという。

警察官が荷物の中身を確認したところ、マカオで禁制品扱いとなっている催涙スプレー1本が見つかったことから、荷物の持ち主である20代の女を逮捕したとのこと。警察では、女を武器弾薬関連法違反の罪で送検する方針。

マカオ国際空港の手荷物検査場では旅客の携行品の中から催涙スプレーやスタンガン、メリケンサックなどが発見される事案が相次いでいる。護身用の商品であっても、同時に攻撃性を有するとみなされることから、マカオでは禁止武器の範疇に含まれている。

搭乗予定の女の手荷物の中から見つかった催涙スプレー(写真:マカオ治安警察局)

搭乗予定の女の手荷物の中から見つかった催涙スプレー(写真:マカオ治安警察局)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年 9月28日発刊 (10月号 vol.064」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース