マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、旧正月ホリデー期間中の出入境者数対前年2〜3%増予想

社会・政治02/13 19:33

マカオ治安警察局は2月13日、旧正月(春節)ホリデー期間中の出入境者数について、前年の同じ時期から約2〜3%増になるとの見通しを発表した。

出入境のピーク予想は元旦から数えて3日目の2月16日から6日目の21日まで。複数あるイミグレーション施設のうち、最も混雑すると予想されるのがマカオ半島北部の關閘とのことで、入境が午前9時から午後1時、出境が午後3時から午後8時にピークとなる見込み。

治安警察局出入境事務廳では、混雑緩和のため内勤スタッフを前線のサポートに回すなどして出入境審査カウンターの稼働を増やすほか、審査場内の誘導人員も増やして秩序維持にあたる計画とのこと。

關閘イミグレーション施設周辺を巡回する特警隊員と警察犬(写真:マカオ治安警察局)

關閘イミグレーション施設周辺を巡回する特警隊員と警察犬(写真:マカオ治安警察局)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年10月26日発刊 (11月号 vol.065」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース