マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、17年通期の「疑わしい取引」届け出件数1527件…対前年32.9%増=ギャンブル運営会社からの届出が全体の約7割占める

産業・経済03/12 17:46

マカオ政府金融情報弁公室(ファイナンシャルインテリジェンスオフィス)が2月28日付で公表した資料によれば、昨年(2017年)通期で同室に届け出のあった「疑わしい取引」の総数は前年から32.9%増の3085件に上った。

内訳については、金融・保険機関からが746件、ギャンブル運営会社からが2074件、その他からが265件。

また、マネーロンダリングの印象が強いものなど、同室が検察に通報した案件は136件あったとのこと。

同室では、前年からの届け出件数の増加について、各業界における意識向上によるものとしている。

マカオの町並み(資料)=マカオ半島・内港上空から空撮、2015年4月(写真:GCS)

マカオの町並み(資料)=マカオ半島・内港上空から空撮、2015年4月(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年 8月24日発刊 (9月号 vol.063」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース