マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ外港フェリーターミナルの公共路線バス乗り場が移転

観光04/26 10:14

マカオ政府交通事務局(DSAT)は4月25日、同月28日の始発からマカオ外港フェリーターミナル前の公共路線バス乗り場を移転すると発表した。

新しい公共路線バス乗り場はターミナルビルを出て左側に進んだ先で、従来の乗り場から120メートルほど離れた場所。深夜バスも含めて15路線が乗り入れる。

今回の移転に伴い、ポルトガル語の停留所名が「TERMINAL MARÍTIMO DE PASSAGEIROS DO PORTO EXTERIOR」、英語名が「OUTER HARBOUR FERRY TERMINAL」にそれぞれ変更となるが、中国語名は「外港碼頭」で変わらない。

マカオの公共路線バスをめぐっては、同月21日におよそ10年ぶりとなる運賃改定が実施されたばかり。

マカオ外港フェリーターミナル前の新しい公共路線バス乗り場(写真:DSAT)

マカオ外港フェリーターミナル前の新しい公共路線バス乗り場(写真:DSAT)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年 4月29日発刊 (5月号 vol.059」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース