マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

18年通期のカジノ売上見通し「対前年2割増」…マカオ経済財政長官が示す=1〜4月累計は予想の範囲内で推移

カジノ2018/05/05 12:50

マカオ政府経済財政庁のライオネル・リョン(梁維特)長官は5月3日に地元メディアの囲み取材に応じた際、今年(2018年)1〜4月累計のカジノ売上は安定的に上昇しており、政府としての事前予想の範囲内で推移しているとコメント。

また、今年通期のカジノ売上は対前年20%増、2012年水準に回復するだろうとの見通しを示した。

このほか、昨今マスゲーミング部門(いわゆる平場)によるカジノ売上が増えていることについては、世界的ツーリズム・レジャー・センターを目指す政府方針に合ったものであるとし、今後のさらなるマスゲーミング部門の成長がカジノ業界全体の発展につながるとした。

マカオ政府博彩監察協調局が5月1日付で公表した最新データによれば、今年1〜4月の累計カジノ売上は1022.39億パタカ(約1兆3789億円)で、前年同期比22.2%増。プラス幅は前月から1.7ポイント拡大した。

なお、昨年通期の累計カジノ売上は2657.43億パタカ(約3兆5841億円)で、前年同期比19.1%増。マカオの年間カジノ売上が対前年プラスとなるのは2013年以来、4年ぶりのこととなる。マカオの年間カジノ売上は21世紀に入って以降、2013年まで右肩上がりに上昇。ピークにあたる2013年の売上は3607.49億パタカ(約4兆8655億円)だった。2017年は2011年と同水準。

囲み取材に応じるマカオ政府経済財政庁のライオネル・リョン長官=2018年5月3日(写真:GCS)

囲み取材に応じるマカオ政府経済財政庁のライオネル・リョン長官=2018年5月3日(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年5月24日発刊 (6月号 vol.096」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース