マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ税関、未許可でエアガン輸入した荷主の男を起訴=ネット通販で購入、台湾から発送

社会・政治05/12 16:55

マカオ税関の発表によれば、5月8日に海外から輸入された郵便小包のX線検査を実施していた際、ライフルのようなものが入った小包が1個見つかったとのこと。

当該小包は台湾から発送されたもので、マカオ国際空港を経由してマカオに届けられたもの。武器が入っている可能性があることから、税関が職員を増員して荷物の管理にあたり、荷主が荷物を受け取りに現れるのを待ったという。

その後、荷主の男が郵便局に荷物の受け取りに現れた際、開封検査を実施。中に金属製のエアガン1丁が入っているのが確認された。エアガンは禁止武器に属するもので、輸入にあたって当局による事前許可が必要となる。男によれば、商品はインターネット通販サイトで購入したものといい、およそ2000パタカでコレクション用に購入したと話しているとのこと。税関では、男が許可を得ておらず、武器弾薬関連法に抵触するとして男を起訴。罪が確定した場合、罪が確定した場合、5000〜10万パタカ(約6万7600〜135万2800円)の罰金が科されるとともに、押収品がマカオ政府に帰属するとした。

税関によれば、2017年以降、これまでにマカオ税関が郵便局で発見した違法輸入案件は14件あり、内訳はエアガンが3件、生きた動物が1件、その他はたばこ、酒、シガーといった納税が必要な商品だったとのこと。

未許可でマカオに輸入されたエアガン(写真:マカオ税関)

未許可でマカオに輸入されたエアガン(写真:マカオ税関)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年 4月29日発刊 (5月号 vol.059」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース