マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの社会保障基金の年間投資リターン約610億円…2017年

産業・経済06/08 09:35

6月7日に開催されたマカオ特別行政区立法会の公共財政事務フォローアップ委員会において、昨年(2017年)のマカオ社会保障基金の財政状況および投資リターンが議題となった。

同委員会の麥委員長が政府資料を元に明らかにした内容によれば、昨年のマカオ社会保障基金の総収入は108億パタカ(日本円換算:約1464億円)。内訳はカジノからの助成金及び財政黒字からの充当分が51%、社会保障費及び海外労働者雇用費が6%、利息・投資リターン・為替差益が42%、その他が1%。

昨年はマカオのカジノ売上が上昇に転じたことから、カジノからの助成金及び財政黒字からの充当分が前年から約2割増となった。

総支出は40億パタカ(約542億円)で、このうち94%が社会保障給付と社会補助支出に充てられた。

昨年末時点の社会保障基金の総資産残高は774億パタカ(約1兆0488億円)。

昨年の社会保障基金の投資リターンの平均利益率は6.4%で、前年と比較して明確に改善。なお、2016年第3四半期にポートフォリオの見直しに着手し、2019年までに銀行預金とグローバル・ポートフォリオの比率を6:4から5:5にするとしている。

マカオ社会保障基金ラザロ地区オフィス(資料)-本紙撮影

マカオ社会保障基金ラザロ地区オフィス(資料)-本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年 7月28日発刊 (8月号 vol.062」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース