マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオのカジノで電子バカラマシンから約48万円分の現金引換券を強奪した中国人の男逮捕…プレイ中の男性に言いがかりつけ横取り

社会・政治10/07 10:12

中国の建国記念日にあたる国慶節の大型連休(10月1〜7日)を迎え、マカオのカジノ施設も昼夜を問わず中国人ギャンブラーで大賑わいの状況が続いている。

マカオ司法警察局は10月5日、同月3日にマカオ半島新口岸地区のカジノ施設に設置されている電子ゲーミングマシンでプレイ中の客から3万3000香港ドル(日本円換算:約48万円)相当のキャッシュバウチャー(現金引換券)を強奪した上、軽傷を負わせたとして、中国本土出身の男(56)を強盗傷害容疑で逮捕したと発表。

警察によれば、3日午後4時頃、被疑者は電子バカラマシンで一定時間プレイした後、その場を離れ、別のマシンでプレイに興じていたという。その後、午後6時10分頃、被疑者が最初にプレイしていた戻ったところ、別の男性客がマシンでプレイ中だったが、被疑者が「マシン内に残っている5000香港ドル(約7万円)分の現金ポイントは自分が残したものだ」などと言いがかりをつけ、強引に引き出しボタンを押し、プリントされたマシン内にあった全額にあたる3万3000香港ドル(約48万円)分のキャッシュバウチャーを奪い逃走。この際、2人の間でもみ合いとなり、男性客が頭部および顔面に軽傷を負った。男性客はカジノの警備スタッフに通報し、駆けつけた警察官によって被疑者の身柄が拘束され、キャッシュバウチャーの奪還に成功したとのこと。

司法警察局が監視システムの映像などを分析した結果、被疑者は最初に当該マシンでプレイを終了した際、マシンの引き出しボタンを押し、マシン内に残っていた全額分のキャッシュバウチャーを手にしてから移動していたことが確認されたといい、根拠のない言いがかりをつけての犯行を裏付けるものとした。

カジノフロアの監視システムのイメージ(資料)=マカオ理工学院ゲーミングティーチング&リサーチセンターの模擬カジノ施設にて-本紙撮影

カジノフロアの監視システムのイメージ(資料)=マカオ理工学院ゲーミングティーチング&リサーチセンターの模擬カジノ施設にて-本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年 9月28日発刊 (10月号 vol.064」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース