マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

漁山春色-呉歴没後300周年特別展

イベント10/14 17:02

呉歴(ご・れき)は中国・清代の画家で、独特の山水画で知られる。晩年、カトリック・イエズス会に入り、マカオで修道生活を送った際に西洋画法の影響を受けたとされる。

展覧会タイトルにもなっている漁山は字(あざな)で、号は墨井道人。今回、呉歴の代表作として著名な故宮博物院蔵の「人物故事」をはじめ、その師や友人の作品合わせて84点が展示される。

漁山春色──吳歷逝世三百周年書畫特展
Beyond the Scenery: Exhibition Commemorating the 300th Anniversary of the Passing of Wu Li

・開催期間:2018年9月8日〜11月11日
・会場:マカオアートミュージアム(澳門藝術博物館)
・時間:10:00〜19:00(月曜休館)
・料金:見学無料
公式サイト(英語)

「漁山春色-呉歴没後300周年展」会場イメージ(写真:ICM)

「漁山春色-呉歴没後300周年展」会場イメージ(写真:ICM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年11月26日発刊 (12月号 vol.066」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース